舌が痛い原因と病気

亜鉛欠乏症

ここでは全身疾患による舌の痛みの原因の一つ、亜鉛欠乏症について詳しく説明しています。

人の体には亜鉛が約2グラム含まれています。亜鉛は体内の細胞全体に存在していて、DNAや蛋白質の合成に深く関与しています。血液中の血漿に含まれる亜鉛は、ほとんどアルブミンなどのタンパク質と結合し、免疫機能に関係します。また、糖代謝にも必要でインシュリンの合成や作用に必須のミネラルです。
亜鉛欠乏症とは、体内の亜鉛が減少し免疫機能が低下して起こる様々な症状を指して言います。


sponsored link




【亜鉛欠乏症の症状と治療】

亜鉛欠乏症の症状は、皮膚炎や脱毛症、爪の変色や変形などの皮膚疾患、腹痛に下痢や嘔吐などの消化器系疾患、貧血や発熱、全身倦怠感などの全身症状、口内炎や舌炎、味覚異常などの舌咽症状が見られます。亜鉛欠乏症によって起こる舌炎では、舌に発赤や乾燥が見受けられます。

亜鉛欠乏症の治療は、亜鉛を含む食材を積極的に摂取する栄養改善を基本とします。亜鉛を多く含む食材は、レバーや牡蠣、チーズや卵黄、大豆や納豆、アーモンドなどが挙げられます。ただし、どの栄養素にも言えることですが、ひとつの栄養に偏った食事は逆に体には良くありませんので、栄養バランスの良い食事を心掛けるのが重要です。
また、急性症状が見られる場合には高カロリー輸血用の微量元素剤を点滴輸液します。


sponsored link




このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。次のページでは、舌が痛い原因が鉄欠乏性貧血やビタミンB12欠乏症などの全身疾患によるものについて詳しく説明しています。

  鉄欠乏性貧血

  ビタミンB12欠乏症

TOPページへ戻る



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link




[当サイトへの問い合わせ]
sitagaitai★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。