舌が痛い原因と病気

アフタ性口内炎

ここでは舌の痛みの原因の中でも炎症によるもの、アフタ性口内炎について詳しく説明しています。

アフタ性口内炎とは、口内炎の一種で最も良く見るタイプのものです。口腔粘膜に円形または楕円形の浅い潰瘍が出来るものを言います。アフタ性口内炎が出来る場所は、口唇や頬の内側、舌先や舌の裏側に多く見られ、一個だけの時もあれば複数個同時に出来ることもあります。


sponsored link




【アフタ性口内炎の原因】

アフタ性口内炎が出来る原因には様々な説がありますが、明確には特定できていません。しかし、アフタ性口内炎を誘発する要因となるのは以下のようなことが挙げられます。
・ウイルスや細菌の感染
・アレルギー
・過労やストレス
・ビタミン不足
・消化器疾患
・月経異常
これらによって免疫力が低下することが原因と考えられています。

【アフタ性口内炎の症状と治療】

アフタ性口内炎の症状の特徴は、潰瘍部分に触れると強い痛みを感じることです。食べ物を口に含んだ時や、じっとしていても歯が触れた時などにも痛みが生じます。
潰瘍が出来た場所はうっすらと白くなり、惑星のクレーターのような形状をしていて、周辺は赤い紅暈(こううん)が見られるのが特徴的です。

このアフタを繰り返すものを再発性アフタと呼び、再発する際は同じ場所とは限りません。また膠原病類縁疾患のベーチェット病という病気の初期症状として現れることもあり、目や外陰部にも潰瘍の出来ている時は注意が必要です。

アフタ性口内炎の治療は、含嗽(がんそう=うがいのこと)や歯磨きで口腔内を清潔に保つことや、ケナログなどの軟膏を塗布する方法があります。硝酸銀を塗布することもあります。通常1週間程度で跡形もなく綺麗に治るでしょう。


sponsored link




このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。次のページでは、舌が痛い原因がアフタ性口内炎以外の炎症によるものについて詳しく説明しています。

  カンジダ性口内炎

  ヘルペス性口内炎

  ヘルパンギーナ

  手足口病

  猩紅熱(しょうこうねつ)



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link




[当サイトへの問い合わせ]
sitagaitai★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。