舌が痛い原因と病気

舌の悪性腫瘍・舌癌

ここでは舌の痛みの原因のひとつ、舌に出来る舌癌について詳しく説明しています。

舌の可動部分(舌の前面2/3)に悪性の腫瘍が発生した状態を舌癌と言います。多くが舌の側縁から口腔底(舌と歯ぐきの間)にかけて発生します。男女比が2:1と男性に多く、また50歳以上の中高年に多く見られますが、若年層から高齢層にまで年齢問わず発症する可能性があります。肺がんや大腸がんなどのがんの中では比較的少ないですが、口腔内に発生するがんにおいては半数以上を占めるほどです。


sponsored link




【舌癌の原因と症状】

舌癌の原因は完全に解明されているわけではありませんが、罹患者に喫煙や飲酒歴が深く関係していることから誘発するものと考えられています。また歯並びの悪さや義歯、合わない入れ歯などが舌を刺激するなどの慢性的な刺激も要因のひとつとされています。

舌癌の症状として、舌の痛みや動作障害が挙げられます。痛みは口内炎や潰瘍などと比べると比較的軽度ですが、ろれつが回らなくなったり物を呑み込み辛い、味覚障害などの舌の機能に支障を来たす事もあります。舌の側縁にしこりが出来る症状が最も典型的な舌癌の症状です。

【舌癌の治療と手術】

舌癌の治療は切除が基本となります。基本的には舌の機能を失わないように切除範囲も可能な限り小規模に抑えます。また、規模が小さくリンパ節への転移が認めらず発見が早い段階では、放射線治療も可能です。
ただしある程度進行した場合は、頸部のリンパ節に転移していることが多いため、リンパ節と周囲の組織を含めて摘出する頸部郭清術が行われます。


sponsored link




このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。次のページでは、舌が痛い原因が良性腫瘍形成の影響によるものについて詳しく説明しています。

  良性腫瘍


TOPページへ戻る



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link




[当サイトへの問い合わせ]
sitagaitai★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。