舌が痛い原因と病気

ヘルパンギーナ

ここでは舌の痛みの原因の中でも炎症によるもの、ヘルパンギーナについて詳しく説明しています。

夏に流行する風邪を夏風邪と呼んでいますが、ヘルパンギーナも代表的な夏風邪の一種です。また、ヘルパンギーナは1歳〜5歳頃の乳幼児期に最も多く、子供特有の病気ともいえます。大人でも罹ることはありますが、大人の場合免疫が強く抵抗力が高い為ほとんど発症することがありません。ただし発症した場合は子供よりも症状が重い傾向にあります。


sponsored link




【ヘルパンギーナの原因】

ヘルパンギーナはウイルスによる感染症で、3日から長くても1週間程度の潜伏期間を経た後に発症します。ヘルパンギーナに罹る原因ウイルスは、腸管ウイルスのコクサッキーA群、コクサッキーB群、エコーウイルスなどのエンテロウイルスに属するウイルスなどがあります。原因ウイルスが複数あるので、治った直後や翌年以降に数回繰り返すことも少なくありません。

感染経路は飛沫感染、接触感染、糞口感染があり、主に便を介した糞口接触感染と、くしゃみや咳から感染する飛沫感染によって感染します。感染力が強いのは発熱時ですが、熱が下がっても3週間程度は便からウイルスが出てしまいます。この間も感染する恐れがあるので、トイレ後の手洗いなどを怠らないように注意する必要があります。

【ヘルパンギーナの症状】

ヘルパンギーナの代表的な症状が、口内に発生する水疱です。口を大きく開けて覗いた時に、のどちんこの周辺や喉の奥の方に半円を描くような形で水疱や炎症が広がっているのが見られます。のどちんこが赤く腫れることもあるでしょう。水疱が破れるとただれて口内炎のような潰瘍になり、しばらくすると患部に痛みが生じます。喉の痛みを訴える為、唾液を呑み込むのも辛くなり涎が多くなります。

そして発症後は急速に38〜40度近くの高熱を伴います。熱はおよそ3日程度で収まりますが、上がったり下がったりを繰り返しながら収束するでしょう。稀に急激な発熱に伴って熱性けいれんを引き起こすこともあります。

【ヘルパンギーナの治療】

ヘルパンギーナの治療は主に対症療法が基本となります。インフルエンザのように抗インフルエンザ薬が確立されているわけではなく、特効薬と呼べる薬はありません。また原因に対する治療を行わなくても、自身の持つ免疫機能が正常に働けば自然と回復することがほとんどなので、合併症に気を付けながら症状を緩和していくことが重要となります。

ヘルパンギーナに罹った場合、保育園や幼稚園などの集団施設では登園が許可されないでしょう。感染力も強い病気なので、かなりの確率で感染を拡大させてしまう為です。医師からの登園許可が下りるまで、十分に休息を取るようにしましょう。


sponsored link




このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。次のページでは、舌が痛い原因がヘルパンギーナ以外の炎症によるものについて詳しく説明しています。

  アフタ性口内炎

  カンジダ性口内炎

  ヘルペス性口内炎

  手足口病

  猩紅熱(しょうこうねつ)



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link




[当サイトへの問い合わせ]
sitagaitai★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。