舌が痛い原因と病気

手足口病

ここでは舌の痛みの原因の中でも炎症によるもの、手足口病について詳しく説明しています。

手足口病とは、主に子供を中心に夏の時期に流行するウイルス性の感染症です。手のひらや足の裏、肘や膝やお尻、口の中にまで水疱性の発疹が広がることが特徴的で、痒みや痛みは通常少ないですが水疱がつぶれると痛みを伴うこともあります。


sponsored link




【手足口病の原因】

手足口病の主な原因は、腸の中の腸管ウイルスであるコクサッキーA16ウイルスやその変異型、エンテロウイルス71の感染です。他にコクサッキーA6、9、10なども原因となることがあります。咳やくしゃみなどの飛沫感染が最も多い感染源で、手や足に出来た発疹から接触感染もします。感染してから発病までの潜伏期間は3〜5日間ほどありますが、発病せずに済むこともあります。感染すると便にウイルスが排出され、症状が治まった後でも1か月近くは排便にウイルスが混入しているので、感染が広がる原因となります。

【手足口病の症状】

手足口病の代表的な症状は病名が示す通り、手足や口に水疱性の発疹が起こる事です。手のひらや指、足の裏や足首、肘や膝、お尻、口周りや口内などに発疹が広がります。痒みや痛みについては通常少ないことがほとんどですが、時に強く現れることもあります。特に口内に出来た場合は咀嚼が困難になり、栄養失調や脱水症状を起こすこともあります。発熱も見られることがあり、全体の3分の1程度の割合で起こります。

【手足口病の治療】

手足口病はウイルス感染による病気ですが、現在有効な特効薬はありません。特別な治療法が存在するわけでもなく、自然経過が基本となる病気です。
発熱自体もウイルスをやっつけようとする自己防衛機能が働く結果としての産物なので、40度を超えるような高熱は別として、むやみに熱を下げることも治療の観点から言えば良くはありません。
ただし注意が必要なのは、手足口病の症状から栄養失調や脱水症状を起こしてしまわないようにすることです。水分と塩分の補給、十分な栄養補給を心掛けることが必要です。嘔吐や下痢を伴う用であれば、点滴なども必要となる場合もあるでしょう。


sponsored link




このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。次のページでは、舌が痛い原因が手足口病以外の炎症によるものについて詳しく説明しています。

  アフタ性口内炎

  カンジダ性口内炎

  ヘルペス性口内炎

  ヘルパンギーナ

  猩紅熱(しょうこうねつ)



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link




[当サイトへの問い合わせ]
sitagaitai★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。