舌が痛い原因と病気

歯や歯科治療の詰め物による刺激

ここでは舌の痛みの原因となる、歯や歯科治療の詰め物による刺激について詳しく説明しています。

舌が痛い原因として、まず歯の変形によるものが挙げられます。歯は本来であれば舌に触れても傷付かないよう滑らかな形状をしていますが、虫歯などで歯が擦り減って尖ってしまうと舌を直接刺激することがあります。ひどい時には舌の表面を削って、流血させてしまうこともあります。
また、虫歯の治療などで詰め物や義歯や入れ歯の形が経年劣化によって合わなくなってしまうことも、舌を刺激して痛みを発生させる原因にもなります。


sponsored link




【痛みの特徴と改善方法】

いきなり強い痛みが出るという事は少なく、初めはピリピリやチクチクといった軽い程度の痛みですが、次第に物を噛むことが困難になるほど強い痛みに変わることもあります。
最初の違和感程度の刺激がストレスを生じさせ、無意識の内に舌を擦ったり噛んだりしてしまうことで、症状が悪化することも少なくありません。
こうしたトラブルは年齢問わず起こりますが、加齢とともに舌の粘膜上皮は薄くなってきますので、中高年以上の方により多く見られます。

改善するには、舌を直接刺激している歯や詰め物などの変形を矯正することが必要となります。自分の指や爪で対応しようとする方も多いですが、歯が折れてしまったり詰め物が外れてしまったりと、よりひどい状況になり兼ねませんので、必ず歯科医など専門家に診てもらうことをお勧めします。


sponsored link




このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。次のページでは、熱傷や喫煙や飲食物などの刺激によるものについて詳しく説明しています。

  熱傷・喫煙・刺激性飲食物


TOPページへ戻る



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link




[当サイトへの問い合わせ]
sitagaitai★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。