舌が痛い原因と病気

熱傷や喫煙、刺激性のある飲食物による刺激

ここでは舌の痛みの原因となる、熱傷や喫煙、刺激性のある飲食物による刺激について詳しく説明しています。

舌の痛みの原因が熱傷によるものというのも少なくありません。冬の寒い時期には熱めのお茶が欠かせないという方も多いでしょう。体を温めるだけでなく、疲れた体にほっと一息付ける精神安定剤の代わりにもなるという方も多いと思います。
また中華のあんかけや、中がトロっとしている揚げ物などが好物の方も多いと思いますが、これらは一歩間違うと舌を熱傷させてしまうことがあるので注意して口に含むようにしましょう。


sponsored link




【喫煙による舌の痛み】

他にも喫煙によって舌が痛むことがあります。タバコを勢いよく吸われる方に多く見られます。勢いよく吸うと煙の温度が上がり、且つ煙が強いアルカリ性になります。
これは、軽い舌の低温火傷・アルカリ火傷の原因となり、舌の表面がピリピリと痛くなります。これが煙草による「舌焼け」です。
また喫煙者は非喫煙者に比べて口内が乾燥してしまいます。口内の乾燥が舌を刺激してピリピリとした痛みを感じさせていることもあります。かかとのひび割れと同じようなものです。

【刺激の強い飲食物】

そして、舌が痛む刺激性のある飲食物もあります。まず代表的なのが唐辛子などの香辛料です。食べ過ぎると舌がヒリヒリしますね。食べ物で言えばパイナップルやキウイでも舌が痛くなることがあります。
飲み物では炭酸飲料が刺激が強いですが、コーヒーやアルコールも舌が痛む原因となります。特に飲酒が過ぎると粘膜を傷付けるので、ほどほどにしましょう。


sponsored link




このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。次のページでは、歯や歯科治療の詰め物の刺激によるものについて詳しく説明しています。

  歯や歯科治療の詰め物


TOPページへ戻る



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link




[当サイトへの問い合わせ]
sitagaitai★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。