舌が痛い原因と病気

舌咽神経痛

ここでは舌の痛みの原因の中でも神経痛によるもの、舌咽神経痛について詳しく説明しています。

舌咽神経は12本ある脳神経のうちのひとつで、延髄から始まり頸静脈孔を通り頭蓋外に出て舌枝と咽頭枝に分かれています。舌咽神経は、主に舌と咽頭の働きを支配しています。別名第9脳神経とも呼ばれています。


sponsored link




【舌咽神経痛の原因と症状】

舌咽神経痛はこの舌咽神経に圧迫などの刺激が加わることで、舌や喉頭などの舌咽神経支配域に痛みやしびれなどが生じる神経痛です。一般的に中年男性に多く見られますが、発症数自体は少なく稀な神経痛のひとつです。

症状は食事の際の咀嚼や嚥下時に、舌の奥や喉に痛みが生じるのが特徴で、同時に三叉神経痛を併発していることが多く見られます。痛みが耳の奥にまで飛散することもあり、発作的に強い痛みを感じることもあります。

【舌咽神経痛の治療】

治療は三叉神経痛とほとんど同じ治療法が取られますが、噛み合わせや頭蓋骨のズレなどによって起こる場合もある為、骨矯正によって治る場合もあります。またその場合精神的ストレスも関係していることも多い為、メンタルカウンセリングなども効果があることがあります。


sponsored link




このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。次のページでは、三叉神経痛によるものについて詳しく説明しています。

  三叉神経痛


TOPページへ戻る



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link




[当サイトへの問い合わせ]
sitagaitai★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。